光脱毛なら毛深い部分は繰り返しの照射が必須

例えば今話題になっているハイジニーナ脱毛・VIO脱毛を考えてみましょう。施術はエステティックサロンで光方式で行うか、美容外科でレーザー方式で行うかの選択肢があります。細かく分析したデータはまだないものの、一般的には後者で行う方が施術回数が多少すくなくなりそうだ、と考えられています。またデリケートな部分ですから痛みが心配だという人もいるでしょう。実際に粘膜に近い部位に対しても行われますので、痛みは強いです。心配であれば美容外科を選んで、痛みが酷い時に医療的な処置を受けられる方が安心度は高いと言えるかもしれません。

 

 

これらの手法は原理としてはほぼ同じです。あらかじめ当該箇所を剃毛しておいて、毛根の黒い部分に向けて照射します。剃毛するのは黒い部分を効率よく検出して照射するためです。こうすることで毛根から毛が脱落します。施術を繰り返しで完了に近づき、やがて毛母細胞から再発毛を抑制できるレベルに達し、完了します。気になるのは施術回数です。1回当りの費用は決まっているのが普通ですから、回数を多く要するほど高価になります。毛が薄い人であれば6回程度で完了、毛深い人は十数回かかると言われます。施術と施術との間には2〜3ヶ月おかなければなりませんので、このメニューを受けてみたいのであれば早く始めるに越したことはありません。

 

 

例えば夏に大胆な水着を試してみたいのであれば、逆算して早く施術を受けるようにすれば良いのです。必ずカウンセリングが併置されていますから、事前に細かいところまで聞いて、安心して施術を受けられるようにするのが良いでしょう。

コメントは受け付けていません。